お茶の種類

清涼感のある味わいと香りが、親しまれている煎茶。一般的に流通している緑茶と呼ばれるお茶のほとんどが、この「煎茶」です。カフェインやカテキン、その他ビタミン類が多く含まれています。

普通のお茶よりも豊富な蒸気と時間をかけて、よく蒸したもの。長時間蒸すことにより、お茶の細胞を壊し、渋みの少ない濃くまろやかなお茶になります。独特の香りと濃い甘みが味わい深いお茶です。

煎茶と違い、直射日光を遮られた畑で採れた茶葉で作られる玉露は、お茶の機能成分が豊富に含まれています。うまみのもととなるアミノ酸の含有率が高いので舌に残るまろやかな味わいの余韻が特徴です。

白折茶は、玉露や煎茶の仕上げ加工の工程で、選別機によって茎だけを抽出したお茶です。独特のさわやかな香りと甘みが特徴です。「玉露白折」と呼ばれる、玉露産地の八女ならではの茎茶もあります。

ほうじる=熱を加えてローストするお茶だけに、一番の魅力は独特の香ばしさ。さっぱりしていて、ごくごくと飲むタイプなので、水分補給や脂っこい料理に最適。カフェインがほぼ含まれないので赤ちゃんにも安心です。

碾茶の葉を挽いて微粉末にしたのが抹茶。茶葉をそのまま口にすることになりますので、お茶の機能成分を余すことなく頂くことができます。難しい作法は気にせずにお茶本来の味を楽しんでください。

八女の茶畑でできた茶葉を使用した八女紅茶。輸入物の紅茶とくらべ、あっさりとした味わいが特徴。深みがあるのに強くない個性なので、どんな料理とも相性が良く、また、冷めても風味が損なわれにくいのもうれしい。

貴重な八女茶葉の烏龍茶。不発酵の日本茶と発酵の紅茶の間、半発酵させたものが烏龍茶と呼ばれます。中国産とくらべると優しい香りの後に、ふわっとした烏龍茶特有の渋みを感じられ、スッキリとした後味が特徴です。

製造直販の
仕組み

お茶の生産、茶葉の製造、仕上げ、袋詰め、販売まで一貫して行っているので余計な中間コストはかかりません。

深蒸し茶は
ここが違う

荒茶とは摘みたての生葉を蒸気で加熱し乾燥させた、精製していないお茶のことです。

1.茶葉を摘み取る
4月中旬から6月下旬まで自社茶園、契約農家茶園の新茶を摘み取ります。
2.茶葉を長く蒸す
当社のお茶はここが違います!!
茶葉を通常より長く蒸すことによりお茶の細胞を壊し、味が出やすくお茶の成分を十分に引き出すことが出来ます。深蒸し八女茶はここが命です。
3.揉む・葉打ち
熱風をあて蒸した葉を叩きながら余分な水分を取り除きます。
4.揉む 粗揉(そじゅう)
熱風を当てながら優しくもみこみ、葉の成分を引き出し、水分だけを飛ばしていきます。
5.揉む 揉捻(じゅうねん)
葉と茎の水分を均一にするため茶葉に力を加えて揉みます。
6.揉む 中揉(ちゅうじゅう)
さらに熱風をあて優しく形の作りやすい水分量まで減らしていきます。
7.形を作る・精揉(せいじゅう)
乾燥を進めながらさらに、形を整えていきます。
8.乾燥
新鮮なお茶状態を保つため水分を5%以下になるまで乾燥させます。